2017年03月01日

オオクニヌシノミコトと野ねずみ


大むかし、オオクニヌシノミコトという若い神様が、スサノオノミコトという大神様に会いに、ご殿へ出かけて行きました。

 スサノオノミコトの娘のスセリ姫が、オオクニヌシノミコトをお迎えしました。

「おとうさま、おとうさま、とてもりっぱな男のかたが、いらっしゃいました。」と、スセリ姫はおとうさんのスサノオノミコトに知らせました。

 スサノオノミコトは、元気すぎて、ひどく乱暴な神様でした。 オオクニヌシノミコトに会うと、さっそく、いいつけました。

「お前は、今夜へびのほら穴へ寝ろ。」
「はい。」

 オオクニヌシノミコトノ返事を聞いて、スセリ姫は、心配でなりません。 へびのほら穴というのは、大きなへびや、ちいさなへびが、うようよと、いっぱいいる、気味が悪いほら穴なのです。

 そこで、スセリ姫は、こっそりとオオクニヌシノミコトに、一枚の布を渡していいました。
「もし、へびが、かみつきそうになりましたら、この布を三度振って、追い払ってください。」

 オオクニヌシノミコトは、その布をもらって、ほら穴へはいりました。 すると、へびたちが、首をもたげて、にょろにょろと、オオクニヌシノミコトのほうへ近づいてきました。

 オオクニヌシノミコトは、スセリ姫にいわれたとおり、布を三度振りました。 へびたちは、すっかりとおなしくなり、オオクニヌシノミコトは、一晩じゅう、ぐっすりと眠ることができました。

 あくる朝、スサノオノミコトは、オオクニヌシノミコトが、けろりとした顔つきをしながら出てきたのを見ると、こんどは、むかでと、はちがいる穴べやに、オオクニヌシノミコトを入れました。

 でも、オオクニヌシノミコトは、こんども、スセリ姫がくれた布で、むかでと、はちを追い払いました。
 スサノオノミコトは、くやしくてなりません。

「きょうは、野原へ行くから、ついて来い。」と、オオクニヌシノミコトにいいました。

 野原へ来ると、スサノオノミコトは、矢を弓につがえて、草がぼうぼうとはえている野原のまん中に、ビュウッと、射込みました。 そうしていいつけました。

「さあ、あの矢を取ってこい。」


saisei_170301.jpg


 オオクニヌシノミコトが草をかき分け、かき分け、野原の中にはいったときです。 スサノオノミコトは、人にいいつけて、野原のまわりから、草に火をつけさせました。

 野原は、火の海です。 オオクニヌシノミコトは、火に囲まれてしまいました。 すると、そのとき、一ぴきの野ねずみが出てきて、「うちは、ほらほら、そとは、すぷすぷ。」と、そうオオクニヌシノミコトに呼びかけました。 これは、中はからっぽで、外はすぼまっているという意味なのです。

 オオクニヌシノミコトは、すぐ、足もとをトンと踏みました。 すると、下は大きな穴になっていて、その中に、からだがスポッと落ち込みました。

 そのままかくれているうちに、火はそばを通りすぎて、遠のいて行ってしまいました。 おまけに、さがしている矢も、さっきの野ねずみがくわえて持ってきてくれました。

 スサノオノミコトは、とうとう、スセリ姫を、オオクニヌシノミコトのおよめさんにくださいました。





  
出雲の関連製品


出雲大社ホームページ


引用書籍
ママお話聞かせて autumn 秋の巻 出版社:小学館 の、「オオクニヌシノミコトと野ねずみ」のお話より、引用、掲載させていただきました。
※こちらのイラストは、絵本の絵を参考に描かせていただきました。
※他にも、世界中のお話や、日本の民話、昔話、神話なども掲載されていますので、ぜひ書籍でお読み下さい。

posted by ひよこ at 23:47| 日本神話 | 更新情報をチェックする