2017年03月01日

オオクニヌシノミコトと野ねずみ


大むかし、オオクニヌシノミコトという若い神様が、スサノオノミコトという大神様に会いに、ご殿へ出かけて行きました。

 スサノオノミコトの娘のスセリ姫が、オオクニヌシノミコトをお迎えしました。

「おとうさま、おとうさま、とてもりっぱな男のかたが、いらっしゃいました。」と、スセリ姫はおとうさんのスサノオノミコトに知らせました。

 スサノオノミコトは、元気すぎて、ひどく乱暴な神様でした。 オオクニヌシノミコトに会うと、さっそく、いいつけました。

「お前は、今夜へびのほら穴へ寝ろ。」
「はい。」

 オオクニヌシノミコトノ返事を聞いて、スセリ姫は、心配でなりません。 へびのほら穴というのは、大きなへびや、ちいさなへびが、うようよと、いっぱいいる、気味が悪いほら穴なのです。

 そこで、スセリ姫は、こっそりとオオクニヌシノミコトに、一枚の布を渡していいました。
「もし、へびが、かみつきそうになりましたら、この布を三度振って、追い払ってください。」

 オオクニヌシノミコトは、その布をもらって、ほら穴へはいりました。 すると、へびたちが、首をもたげて、にょろにょろと、オオクニヌシノミコトのほうへ近づいてきました。

 オオクニヌシノミコトは、スセリ姫にいわれたとおり、布を三度振りました。 へびたちは、すっかりとおなしくなり、オオクニヌシノミコトは、一晩じゅう、ぐっすりと眠ることができました。

 あくる朝、スサノオノミコトは、オオクニヌシノミコトが、けろりとした顔つきをしながら出てきたのを見ると、こんどは、むかでと、はちがいる穴べやに、オオクニヌシノミコトを入れました。

 でも、オオクニヌシノミコトは、こんども、スセリ姫がくれた布で、むかでと、はちを追い払いました。
 スサノオノミコトは、くやしくてなりません。

「きょうは、野原へ行くから、ついて来い。」と、オオクニヌシノミコトにいいました。

 野原へ来ると、スサノオノミコトは、矢を弓につがえて、草がぼうぼうとはえている野原のまん中に、ビュウッと、射込みました。 そうしていいつけました。

「さあ、あの矢を取ってこい。」


saisei_170301.jpg


 オオクニヌシノミコトが草をかき分け、かき分け、野原の中にはいったときです。 スサノオノミコトは、人にいいつけて、野原のまわりから、草に火をつけさせました。

 野原は、火の海です。 オオクニヌシノミコトは、火に囲まれてしまいました。 すると、そのとき、一ぴきの野ねずみが出てきて、「うちは、ほらほら、そとは、すぷすぷ。」と、そうオオクニヌシノミコトに呼びかけました。 これは、中はからっぽで、外はすぼまっているという意味なのです。

 オオクニヌシノミコトは、すぐ、足もとをトンと踏みました。 すると、下は大きな穴になっていて、その中に、からだがスポッと落ち込みました。

 そのままかくれているうちに、火はそばを通りすぎて、遠のいて行ってしまいました。 おまけに、さがしている矢も、さっきの野ねずみがくわえて持ってきてくれました。

 スサノオノミコトは、とうとう、スセリ姫を、オオクニヌシノミコトのおよめさんにくださいました。





  
出雲の関連製品


出雲大社ホームページ


引用書籍
ママお話聞かせて autumn 秋の巻 出版社:小学館 の、「オオクニヌシノミコトと野ねずみ」のお話より、引用、掲載させていただきました。
※こちらのイラストは、絵本の絵を参考に描かせていただきました。
※他にも、世界中のお話や、日本の民話、昔話、神話なども掲載されていますので、ぜひ書籍でお読み下さい。

posted by ひよこ at 23:47| 日本神話 | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

日本武尊の東征 やまとたけるのみことのとうせい( 日本神話 )

 日本武尊(やまとたけるのみこと)は、父君 景行天皇(けいこうてんのう)の仰せに従い、西の国の熊襲健(くまそたける)をはじめ天皇の命に従わぬ賊(あた)どもを討ち平らげ都へお帰りになりました。
 ところが、父君は、ねぎらいの言葉もそこそこに、東の国の荒ぶる者どもを平らげるようにお命じになりました。尊(みこと)は、都を立ち、伊勢の大御神の宮に御叔母 倭姫命(やまとひめのみこと)を訪ね、心の中をうちあけられました。
「わが父は、私に早く死ねとのお心なのでしょうか。西のかたの悪しき者どもを討って、帰ったばかりなのに、時も置かず、東の国の荒ぶる者どもを平らげよとのご命令なのです。」
 思い余った尊が、はらはらと涙を流すと、倭姫命は立派な剣(たち)と袋包みを与えて仰せられました。
「これは、伊勢の宮の大切な剣。この袋は、御身が危うくなった時に開けるがよい。」
 倭姫命の励ましの声をあとにして、尊は東国へ旅立たれました。

 尾張を過ぎ、山川の荒ぶる神、まつろわぬ者どもを平らげて相模の国にいでました時、その国の長が尊をあざむいて申すには、
「この近くの野に大きな沼があり、そこに住む悪しき神が、人々を苦しめています。」
 それを聞いた尊は、「どれ見とどけて、一気にほうむってくれよう。」と、后の弟橘姫(おとたちばなひめ)を伴って野中に進んで行かれました。国の長(おさ)は、「それ、焼き殺せ。」と部下に命じ、野の枯れ草に火を放ちました。火が迫ってきた時、尊は倭姫命の仰せを思い出して袋の口を開けてみると、中から火打ち石が出てきました。尊はまず剣を抜いて、あたりの草を薙ぎ払い、火打ち石を打って火を放ちました。これを「迎え火」といいます。
saisei_1500708.jpg
 こうして尊は、だました者どもを斬り捨て焼き滅ぼしました。その時からこの剣を「草薙の剣(くさなぎのつるぎ)」と呼び、この地を「焼津」と呼ぶようになりました。

 そのあと尊は、安房(あわ)の国へ向かって走水の海を渡ろうとなさいました。ところが海の神が荒波を立てて進路を妨げます。船はくるくるとまわって、進むこともできません。その時、后の弟橘姫が進み出て申されるには、
「海の神が皇子のお命を求めているのでございましょう。私が代わって海に入り、神の怒りをしずめることにいたします。皇子はお役目をお果たしの上、つつがなく都へおもどりなさいませ。」
 姫は菅の畳八畳、皮の畳八畳、絹の畳八畳を波の上に敷いて、その上に飛びおりました。波の上の姫は、あの相模野の火の中で、我が身を気づかってくれた尊の情けを思って歌をお歌いになりました。

 さねさし 相模の小野に 燃ゆる火の 火中に立ちて 問ひし君はも
( さねさし さがむのをのに もゆるひの ほなかにたちて といしきみはも )

姫の姿が海に消えると荒波はたちまち収まり、尊の船はとどこおりなく目的地に着くことができました。
 それから七日の後、姫の櫛が浜にうちあげれれました。尊はそれを拾い上げ小さなお墓をつくりました。
 尊は、東の国の賊どもをことごとく平らげたので、西へ向かわれました。足柄山の中腹で、目の下に広がる平野をご覧になった時、三度深いため息をついてお嘆きになりました。
「吾妻はや。(あづまはや)」(ああ我が妻よ)
 それ以来、そのあたりの国々を「あづま」と呼ぶようになりました。

 尊はそこから甲斐、信濃を経て近江の伊吹山においでになりました。その時突然、森の中から大きな白い猪が走り出しました。尊は、「これはきっと山の神の使いに違いない。討ち取るまでもなかろう。」と見逃してやりました。実はこの猪、山の神自身が化けたものだったのです。尊が油断していると見た山の神は、黒い雲を吹きかけ氷雨を降らせ、尊の行方をはばみました。山の神の妖気にあてられた尊は、重い病にかかり、能煩野(のぼの)という野へたどり着かれた時には、もう一歩も歩けません。故郷やまとを思い慕って尊は歌をお詠みになりました。

やまとは 国のまほろば たたなづく 青垣 山ごもれる やまとしうるは(わ)し

やまとは国中でもっともすばらしいところだ。重なり合う垣のような緑の山々にかこまれたやまとは、ほんとうに美しい、という意味です。
 ふり仰げば、高く重なる雲が見えます。尊は、またひとつ歌を詠まれました。

はしけやし 吾家(わがへ(え))の方よ 雲居たち来も

 おおなつかしい(はしけやし)。わが家(や)のほうから雲が立ちいでてくるよ。
 勇ましくも雅な尊は、こうしてこの世を去られました。亡骸を葬ったお墓に人々が涙をそそぐと、尊の魂が白い鳥になって飛び立ちました。人々は追い慕って走り続けましたが、白い鳥は高く高くのぼり、ついに姿を消してしまいました。

・「古事記」「日本書紀」なおどを基にして本書の編者がまとめられたたもだそうです。



参考書籍 英才を育てるための小学校国語副読本 (石井公一郎・萩野貞樹=編)
     ※参考図書を元に、文章を書いています。参考図書はこちらのお話は文字のみ。
     ※こちらのイラストはオリジナルでの作成です。
posted by ひよこ at 00:00| 日本神話 | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

やまたのおろち ( 奥出雲 )

 むかし、スサノオノミコトという、強い神様がいました。 ある日、ミコトが、さびしい山の中を歩いていると、はしが二本、谷川を流れてきました。
「おや、こんな山の中にも、人がいるらしいぞ」
 ミコトはそう思って、谷川をどんどん歩いて行きました。

 しばらく行くと、一けんの家がありました。 中をのぞいて見ると、ひとりの女の人を間に挟んで、おじいさんと、おばあさんが泣いているではありませんか。 ミコトはふしぎに思って、声をかけました。

「あなたがたは、何が悲しくて、そんなに泣いているのですか。」
 すると、おじいさんが振り向いて答えました。
「この娘が、やまたのおろちに食べられてしまうのです。 それが悲しくて、泣いているのでございます。」
「やまたのおろちだって?」
と、ミコトは聞き返しました。 おじいさんは、恐ろしそうにからだをふるわせて、いいました。

「はい、やまたのおろちというのは、一つの胴体に、顔が八つ、尾が八つあるという、恐ろしい大蛇でございます。 わたしたちには娘が八人いましたが、毎年ひとりずつ食べられて、今ではこの、クシナダ姫ひとりになってしまいました。 でも、この娘も食べられてしまうのです。 きょう食べにくるという知らせがあったのです。」

 この話を聞くと、ミコトは、姫を助けてやろうと思いました。
 さっそく、おじいさんとおばあさんにいいつけて、酒を入れた大きなかめを、八つ用意させました。 クシナダ姫に化けたミコトは、酒のかめを家の前に並べると、家の中にすわって、おろちの現われるのを待ちました。

 やがて、空に真っ黒な雲が現われました。 黒雲は、たちまち空いっぱいにひろがって、ものすごいあらしになりました。 ぴかっと稲妻が光ったかと思うと、その光の中から、怪物が現われたのです。
 ぎらぎら光るうろこ、八つの大きな頭、まっかに燃える目。 かっと開いた口には、つるぎのような鋭いきばと、ほのおのような舌をのぞかせています。

 おろちは、家の前にならんだ酒がめに気づいたようです。 喜んで、八つの首を八つのかめにさしこむと、グクリゴクリと音をたてて、酒を飲みはじめました。 やがて酒を飲みほすと、おろちは酒によって、眠ってしまいました。

 この時とばかり、ミコトはかくし持っていたつるぎを抜いて、ぱっとおどり出ました。 ミコトは、すこしも恐れず、八つの首をつぎつぎに切りおとし、八つの尾にも切りかかりました。 すると、さいごの尾に切りつけたとき、ガチッと音がして、火花が散りました。 見ると、尾の中にきらりと光る物があります。 取り出して見ると、それは、今まで見たこともないほどの、りっぱなつるぎでした。

「おお、みごとなつるぎだ!」
と、ミコトは喜んで、そのつるぎに、あめのむらくものつるぎと、名をつけました。

 おろちが死ぬと、ものすごかったあらしもしずまりました。 おじいさんと、おばあさんは、たいそう喜びました。 そして、ミコトに向かっていいました。
「ありがとうございました。どうぞ娘を奥さんにしてください。 あなたのような強いお方の奥さんになれば、きっと幸せになれるでしょう。」

 ミコトは、こうして、クシナダ姫をお嫁さんにしました。
 また、怪物の尾から出たつるぎは、日本の国の宝になりました。

saisei_150331.jpg 


88.jpg 
武蔵一宮 氷川神社(総本社)
古事記1300年 ヤマタノオロチ伝説の旅 - しまね観光ナビ
八坂神社(総本社)
八重垣神社(出雲神仏霊場)

参考書籍 ママお話聞かせて-夏の巻
     ※参考図書を元に、文章を書いています。

画 ひよこ  ※参考図書の掲載画を元に、イラストを描かせていただきました。
posted by ひよこ at 00:00| 日本神話 | 更新情報をチェックする